「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2015年7月18日土曜日

台風の日は...?

台風が近づいてたある日

雨の日に遊ぶいつもの場所が
取れなかったので小さい子には
珍しく室内遊び

ぺんぺんで室内遊びは珍しいので
はじめはみんなキョトン

ミエコさんが「お店屋さんだよー」の
掛け声でごっこ遊び開始

子どもの遊びのスイッチが入る時の
キラキラした目が大好きです


色分けされた洗濯ばさみがタッパーに入って
色んな食べ物にへんしーーん!!

彼はずっとお料理に夢中でした

初めのお店屋さんですぐ喧嘩が勃発!
すかさずミエコさんが
トイレットペーパーなどの芯を
並べてお店屋さん2店舗目開店~

双眼鏡になったり眼鏡になったりしてたよ

先月末から預けが始まった彼は
ママとバイバイした時は泣いてたのに
数分泣いたらケロッと遊んでました

お昼の前のお片づけは
ミエコさんが「ゴミ収集車でーす」と
遊びながらのお片づけ

あっという間にきれいになったよ
家ではついつい
「片付けなさーい」と怒ってしまうので
もう少し遊びながらお片づけをする
工夫をしたいなーと思いました^^

そう出来る余裕が欲しいのが本音です...笑



ゴミ収集車に反応したホタが
空き箱に座ってごっこ遊び
ホタに便乗して沢山のゴミ収集車出動~

1番前ではしゃいでたのは
ぺんぺんのやんちゃボーイズの1人です♪

11時頃お昼ご飯
ちょっと早くないかなー?と思ったけど
食べ終わってからは
室内で発散出来なかったエネルギーで
満ち溢れてました^^;

そこは流石ミエコさん
ベストなタイミングで外へ

小さい子たちだけで
移動するのは初めてです

手を繋いでミエコの後ろよ!と
何度も言われるけど
ついつい広がってしまうのが2歳児達...
何度も注意されつつ無事公園へ


水を得た魚の様に遊具へ一直線~
でも滑り台は儀式の様に数回滑って
すぐ砂遊び~
やっぱりぺんぺんの子たちは
土や砂が大好きなんですね

手がドロドロになると
みんなやるのがこのポーズ♪



ドロのお風呂に入っていたカレは
ドロ遊びが大好き

その豪快さは見ていて気持ちいい

ドロ水を使ってコーヒーだよーだって

雨が続くと中々外に出れないけど
ぺんぺんがあると雨の中でも
遊べて子どもたちも大人たちも発散できる


ぺんぺんには夏休みはありません
こないだのミーティングでミエコさんが
1ヶ月休むと今まで育ってきたモノが
また1からになってしまうのと
休みの間外遊びをしなかった子どもは
目が違うからすぐ分かる

その目を見たくなくて
休みに出来ないと言ってました

本当にありがたいです


夏が苦手な私はそのセリフに
ギクリとしたのは内緒です...笑


暑さに負けないでいっぱい遊ぼう♪


まきより





にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村