「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2019年5月25日土曜日

春をからだいっぱいに感じて


山笑う、春。

大きい子たちも
新たにスタートしました。





保育士のみえこです。

ぺんぺんぐさは、
1歳半から年少さんいっぱいまでが
メインで活動していますが、

その半数が卒会せずに残って、
年中年長も
合同活動や別活動おりまぜて
一緒に育ち合っています。

* * *

年少さんから年中長さんを
「大きい子」と呼んでいて、

大きい子たちは、
囲われていない自然の中に
くり出します。



人の手で
しっかり整えられた公園とはちがって、
里山里地は、

季節折々の出会いがいっぱい。

どきどきも、いっぱい。

ほんとうにさまざまな
生きものや、
植物や、
いのちに出会います。

子どもたちのアンテナもピーンと張って、
顔つきもぐぐんと
ひきしまります。



まずは、いつものように
玉砂利のうえに座りこんで・・・





そして、大きい子ぐみに
進級したばかりのふたりも・・・






これは、なにを探しているかというと・・・



じつはこの3月、
いいものを見つける目が
とってもすごいリョウくんが、

排水口の奥の暗い穴に、
冬眠からさめた
ねぼけたアマガエルを
見つけたんです。


その時は大さわぎで
穴をいじくりすぎて
カエルは奥に隠れてしまったので、

それ以来、
排水口という排水口には、
虫網をかぶせている
子どもたちです。




ほら、やっぱり
その近くの草むらに、
この日は
めざめたアマガエルが見つかりました。




これは、なんと
棒の先に
2ミリくらいの身長の
いもむし。




そして、素敵な花束。

こんなに素敵な飾りかたに
はっとさせられました。




たんぽぽのごちそうや、




たんぽぽのアクセサリー。

これも、
子どもたちのアイデア。




さてさて、
奥に出かけていきましょう。




田んぼのすみっこに咲くれんげに
心をうばわれたり、




初夏に子どもたちの喉をうるおし、
手や口をむらさきに染める、

桑の実の花に出会ったり、






スズメノテッポウの草笛は、
音を出すのが
とってもむずかしくて・・・






道ばたでちょっと休憩。
お楽しみのおべんとうの時間です。




シャイな女の子たちには、
カメラを向けたら
背中をずらりと向けられてしまいました。




この春、大きい子ぐみに
なったばかりの子たちには、
刺激がいっぱいで、




ただただ見ていることも
多いけれど、




通りがかりのおじさんに、
ノビルがあるよと
教えていただいたら、






夢中で採って、
持っていたゆかりのふりかけを
つけてみたら、




おいしくて、




いつまでも
むらがっていました。






ふと気づくと、
通りがかりのおばさまにまで、
ノビルの採り方を教えてあげていた
子どもたち。


大人のほうが、
けっこう夢中になってしまいます。




ほら、
保育者はこっそり
こんなに採っていました!




園舎をあえてもたない
ぺんぺんぐさ。

だからこその
四季折々の一期一会に、

これから
たくさんたくさん
出会っていこうね。






(みえこ)




*   *   *   *   *




「あそぼう会」はどなたでもどうぞ!
生後8ヶ月頃から楽しめますよ^^

次回6月20日(木)(基本的に第3木曜日です)
水が楽しい季節になりました。

暑い日も、木陰は過ごしやすく、
お日さまと
心地よい風をかんじて、
たっぷり遊びませんか?

夏にたのしく遊ぶコツもお伝えしますよ。

詳しくは、こちら



初めてぺんぺんぐさの
ブログを見てくださった方は
まずはこちらもどうぞ^^


*   *   *   *   *




あたらしい連載がはじまりました。





3歳から6歳の、
大きい子の育ちは、

連載中の
をどうぞ。


*   *   *   *   *


ぺんぺんで一緒に育ち合う仲間も、募集について

月2回参加する1歳からの親子組を
若干名募集しています。

2019年度の週2日預かり保育・2歳児クラス
(2019年4月1日時点満2歳)も、
定員いっぱいになりました。
 ご希望の方は、個別にご相談ください。


*   *   *   *   *


よこはま夢ファンド
(ふるさと納税)により
ご負担を少なく
ご支援いただけるようになりました


ぜひみなさまのあたたかい愛を
お待ちしております。



2019年5月12日日曜日

0さいから3さいの、外遊びのいっぽ(2) はやべん

~ はやべん ~




「はやべん」って、早弁のことです。
春は、ママから初めて離れる子も多くて、
ママの味が恋しい子がたくさん。

大きな子は平気で遊んでいるのを横目に、
10時すぎたら食べ始める子も、ちらほらと。

ほら、荷物にまぎれて、
こっそりお弁当箱を開けている子が
今日もひとり。

小さい子は、
遊びが生活そのもの。
生活も遊びです。

だからお弁当を外で食べるということ、
ただそれだけで、
楽しくてうれしくて。




さて、こちらは、
まだママとは涙涙のお別れをくり返す、
新入りちゃん。

浮かぬ顔で、やはりお弁当箱をあけて、
ゆっくりゆっくり食べだします。

ゆっくりゆっくり
ほんとうに、ゆっくりで、

食べているんだか、
となりのおねえさんたちの遊びを見ているんだか。




そのうち、どんどん「はやべん族」が
集まってきて、








あれよあれよと、
こんなににぎやかになってしまいました。





それでも
まだまだもぐもぐもぐ。



でもね・・・

大人にそばにいてもらって、
食べながら、気持ちを落ち着けて、
おねえさんたちの遊びを見て、
自分の力で気持ちを切り替えられる時間が、
一日一日と早まっています。



お腹も満たされて、
きもちもほっとすると、
こころがひらくのですね。

今日は急にこんなえがおを
見せてくれました。

まるでポンと
スイッチがはじけたような、
変わりようでした。






これから、ママからの第一歩を、
子どもたちは
ゆっくりゆっくり歩き出します。

「なにもしない」ということが
なかなかゆるされないいま、

見ているだけの自由も、
食べているだけの自由も、
涙も受けとめてもらって、

そうやってはじめの一年の
小さい子ぐみは、
「自分」をしっかり
はぐくみます。



食べ終わったら、
すっかりこころが開いて、
ぐぐぐんと遊びだしました。






これから、いっぱいいっぱい遊んでいこうね。



(みえこ)



* * * * * * * * *





「外遊びって、どうしたらいいですか」
そう聞かれることが増えてきて、

ぺんぺんぐさで一昨年作った
リーフレットです。



むずかしいことはないですよ。

子育ては、
ひとりじゃ苦行になりがちだけど、
いっしょに誰かがそばにいれば、
思わぬ世界が広がるもの。

それは外遊びもおなじです。

できれば
同じくらいの年の子と過ごして、
じっとそばで見つめていれば、

子どもたちが
どんどん遊びをつくり出します。



そんな様子をお伝えしたくて、
「スパイスアップ」さんも連携してくださって、
あたらしい連載をはじめます。


この街に、
子どもたちの歓声が広がりますように。


* * * * * * * * *



「あそぼう会」はどなたでもどうぞ!
生後8ヶ月頃から楽しめますよ^^

次回5月16日(木)(基本的に第3木曜日です)
新緑が美しい季節。

お日さまと
心地よい風をかんじて、
たっぷり遊びませんか?

水遊び、お花つみ、虫探し、どろんこ・・・
いまは
外にいるだけで
いろんな遊びが楽しめますよ。

詳しくは、こちら



初めてぺんぺんぐさの
ブログを見てくださった方は
まずはこちらもどうぞ^^


* * * * * * * * *




3歳から6歳の、
大きい子の育ちは、

連載中の

をどうぞ。


* * * * * * * * *


ぺんぺんで一緒に育ち合う仲間も、募集について

月2回参加する1歳からの親子組の募集は
いったんお休みします。
 ご希望の方は、個別にご相談ください。

2019年春~夏ごろからの
募集再開の前に先に予約されたい方も、
ご相談ください。


2019年度の週2日預かり保育・2歳児クラス
(2019年4月1日時点満2歳)も、
定員いっぱいになりました。
 ご希望の方は、個別にご相談ください。


* * * * * * * * *


よこはま夢ファンド
(ふるさと納税)により
ご負担を少なく
ご支援いただけるようになりました


ぜひみなさまのあたたかい愛を
お待ちしております






2019年5月4日土曜日

0さいから3さいの、外遊びのいっぽ(1) お花つみ


~ お花つみ ~




お花つみって、
あたりまえのことだと思っていました。

お花を見れば、
だれもがウキウキするのだと思っていました。



でもぺんぺんぐさを立ち上げた年、
はじめは2~3歳数人で遊んでいて、

せっかくお花がいっぱいの
田んぼのあぜ道を通りかかっても、
だれもつもうとしない。

あれ?

と思って、その年は大人がお花つみを
ひたすら楽しむことに。

するとその次のお花の季節からは、
子どもたちも
よろこんでつむようになっていました。



お花つみも伝承なんですね。

人間は体験と学習の生きもの・・・
あらためて思ったできごとでした。



今では男の子も率先して、
よろこんでお花つみしています。

 


元気な子は
根っこごと引き抜いて、




幼いうちは
短かったり長かったりするので、
ポケットやリュックにも入れて、






子どもたちはかならず言うんです。
「ママにおみやげ」って。




嬉しい嬉しいプレゼント。



(みえこ)





* * * * * * * * *





「外遊びって、どうしたらいいですか」
そう聞かれることが増えてきて、

ぺんぺんぐさで一昨年作った
リーフレットです。



むずかしいことはないですよ。

子育ては、
ひとりじゃ苦行になりがちだけど、
いっしょに誰かがそばにいれば、
思わぬ世界が広がるもの。

それは外遊びもおなじです。

できれば
同じくらいの年の子と過ごして、
じっとそばで見つめていれば、

子どもたちが
どんどん遊びをつくり出します。



そんな様子をお伝えしたくて、
「スパイスアップ」さんも連携してくださって、
あたらしい連載をはじめます。


この街に、
子どもたちの歓声が広がりますように。


* * * * * * * * *



「あそぼう会」はどなたでもどうぞ!
生後8ヶ月頃から楽しめますよ^^

次回5月16日(木)(基本的に第3木曜日です)
新緑が美しい季節。

お日さまと
心地よい風をかんじて、
たっぷり遊びませんか?

水遊び、お花つみ、虫探し、どろんこ・・・
いまは
外にいるだけで
いろんな遊びが楽しめますよ。

詳しくは、こちら



初めてぺんぺんぐさの
ブログを見てくださった方は
まずはこちらもどうぞ^^


* * * * * * * * *




3歳から6歳の、
大きい子の育ちは、

連載中の

をどうぞ。


* * * * * * * * *


ぺんぺんで一緒に育ち合う仲間も、募集について

月2回参加する1歳からの親子組の募集は
いったんお休みします。
 ご希望の方は、個別にご相談ください。

2019年春~夏ごろからの
募集再開の前に先に予約されたい方も、
ご相談ください。


2019年度の週2日預かり保育・2歳児クラス
(2019年4月1日時点満2歳)も、
定員いっぱいになりました。
 ご希望の方は、個別にご相談ください。


* * * * * * * * *


よこはま夢ファンド
(ふるさと納税)により
ご負担を少なく
ご支援いただけるようになりました


ぜひみなさまのあたたかい愛を
お待ちしております