「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2015年3月9日月曜日

梅見2015


里山に、梅の花さく季節がやってまいりました!


バスを降りたあと、「ダレが誰と手をつなぐか?」で、
子どもたちは自分で考え、大人がよく見て手助けします。
「~と手をつなぎたい」と言えなくて立ちすくむ子、
世話好きにいろいろ助言したり、手をつなぐことを引き受けてくれる子、
お母さんの見守り当番に手をつないでもらう子、

性格だけでなく、ぺんぺんの集団に対しての、現状子どもが感じている位置、
を感じて、さまざまな行動に出る子どもたち。

言葉が少ない分、いや、大人が自由に言葉が出ることできっとおろそかにしている、
「場の空気」、子どもは本当に敏感だな、と感じています。




田んぼにはもう氷は張らなくなったせいか、
大きな水たまりが道路にできていました。
さっそく草履の子も、靴の子もジャボジャボ。


ツヅが「神社でガランガランしたい」というので、神社へ。
あれっ、何か見つけたかな?

テントウムシを見つけました。
ミエコさんが、神社のわきに、ヨモギの若芽を見つけました。

風呂敷でバッグを作ってもらい、思い思いに摘んだ草を入れます。



ちょっとした山を上り、向かったのは…





紅白の梅が満開の梅林!



梅〜キレイ〜


梅を背景にパチリ!


梅林について間もなく、複数のみんなから「おなかすいた〜」との声。
さっそく梅を見ながらご飯を食べて、お花見を題材とした絵本の時間。
ミエコさんから花見だんごならぬ、花見鈴カステラをもらいました。

 コチョコチョしてみんなで遊んでたら…
押されて痛い思いして泣いた子が一人。


***

みんなでお花見泥だんごを作りました。






そこへ、いきなりやってきたおじさまたち



梅林で音楽をかけて踊っていたおじさまたちは、「HAPPY青葉台」という動画を撮っていた方々でした。 「子ども達も一緒にどうぞ!」とたくさん誘われましたが、子ども達は固まったまま、とても興味深げに見ていました。




さーっ、バスの時間が迫ってきたから、急いで帰るぞー!




バスの中の子ども達の足は、ドロドロでした…!

去年の梅見は…コチラ

この日当番だった、ペロとさえさんは、息子たちと一緒の当番はこれが最後(卒会するので)。
お疲れさまでした、俺たち!
(ペロ)




にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村