「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2013年7月31日水曜日

遊び場の開拓

今日は、大きい子組で新しい遊び場に行ってみるよ。お寺や池があるんだって

集合場所から、川沿いを歩いていきます

ミエコさんの集めたサルスベリの花を即うばったそう(それでいて得意げ…)


 生き物もいっぱいいて、寄り道たくさん

ばんざいして~

そんなこんなで、結局目的のお寺と池にはたどり着けず帰る時間となってしまったのですが、
またひとつ楽しい遊び場見つけちゃったね!

(アサコ)

にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村