「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2013年7月12日金曜日

プレイパークで水遊び!

こんにちは、新米ぺんぺん母の山本ペロです。

この日は「しらとり台プレイパーク」という、子どもが自由に遊べる遊び場で、
ぺんぺんぐさの活動がありました。

ぺんぺんぐさの子たちだけじゃなく、プレイパークに遊びに来た子たちや、プレイリーダー(プレイパークで、楽しく遊んでくれる人)とも、遊べる日です。

ぺんぺんの活動を知りたい方は、通常の活動そのままではありませんが、このプレイパークにおいで頂いても大丈夫ですよ!! 詳しくはお問い合わせくださいませ!! もちろんぺんぺん保育士のみえこさんともお話しいただけますよ!

この日わたくしペロは「見守りメイン」という、母の保育担当のリーダー!!!
リーダー…キンチョウします…。

今日のプレイパークは、大きいプールを入れて、みんなで水浴び!


みえこが水をみんなにかけて子どもたちが「プヒャーーー」と言ってる図。
子どもって、ほんと水、大好きですよね…
水を存分に楽しんでいる子どもたちをしばらくご覧ください。





常にあらゆる叫び声が絶えない、超ハイテンションのプールゾーン。
恐怖のプールゾーンで泣かされたり飽きたり、もともと水が苦手な子は、近くで遊びます。
「ちょっ! カワイイ!! カメラ貸して!!」と見守り当番のお母さんがカメラを持ち出して撮った写真
電車ごっこ~

ドレッシングボトルに水を入れ、どこまで遠くに飛ぶかな~と試す子の隣で、プレイパークのハーモニカにハマった子。
この子は家に帰る時ハーモニカを離そうとせず、号泣していました(あとで買ってあげました…((母)))




プレイリーダーさんが「きゅうり食べなよ~」と差し入れ。一瞬でなくなりました…
小さな子たちは、大きなプールの近くの、衣装ケースが遊び場です。




曲芸師にトライ!!


トライアングルにトライ!! しているが技が速すぎて見えない!!


プールで濡れた子は着替え。近くの木に干しておくとすぐに乾きます。


プールで語らいモード?


プレイリーダーさんと一緒に、ハンモックで遊んだり…



新幹線を書いたりして遊びました!!

この日わたくしは、ホースの先が止まったまま、水道の栓をあけて、ホースを破裂させました。プレイパークのみなさん、本当すみません! まだまだ新米母の見守り道は続く…


(ペロ)


にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!