「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2013年8月2日金曜日

夏本番

8月始まりました…毎年こんなに暑かったっけ?て思います
が、公園の木陰や小川は、家にいるより断然涼しいです

小さいおんぶバッタは捕まえられるんだよ

公園にカブトムシを放してあげに来た親子と出会いました。木を登っていくカブトムシ…
高い枝まで登ったら羽を広げて飛んでいきました

と思ったら、ボンちゃんの胸に着陸!半ベソ…

そしてまた登りはじめたんだけど、もう飛ぶ元気はない様子でした

立派なオニヤンマの母さん(産卵してました)が!公園にもいるんだな~
元気なうちにリリースしました

ぴったりくっつくナオくん、ヒバくん(同い年)
新人ヒナタと、ふざけているのか「ダメ~」と押し合いしてました

ひとつ上のお兄さんと、とっくみあいも

そんな騒ぎは気にせずプリンやおとうふ作っている子たちでした

(アサコ)

にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村