「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2017年4月19日水曜日

お花見

今年は桜が咲くが少し遅かったですね~。
ようやく4月2週目くらいに満開となり、
ぺんぺんも新しい体制でのスタートとなりました。

今日は焼き物の日でした。


すでに去年からいるメンバーは
焚火の火を起こすと次々に
焼き物を運ぶお手伝いをしてくれました。

焚火を起こすのは当番母の作業の1つ。
なかなかできない貴重な作業なのですが、
けっこうコツをつかむまでが難しい・・・。


食いしん坊のカレは持ちきれないほど
みかんやら、りんごやらを
持ってきてくれました(笑)

焼けた焼き物に一斉に群がるボーイズ達。
この日はガールズ達は見向きもせず、
遊んでました。


この日は年中、年長、小さい子組合同の日でした。
ぺんぺんには兄弟で加入している家族も多く
兄弟愛がゆっくり見れる日でもありました。
↑カレは妹がいるんですけど、なぜか
妹より、他の子のお世話を(笑)

こちら、4月から預け開始となった弟と
ぺんぺん〇年目?の兄。
かなりのガキ大将の兄も、弟のお世話を
する立派なお兄ちゃんになりました!

こちら、この日の午前中は、兄弟で
ずーっと手をつないでいました。

ぺんぺんは常に保育士さんが常駐していますが、
当番母が解散時に全員のママにその日の様子を
報告してます。

常に誰かが自分の子どものように
どう過ごしていたか見てくれている、
見守ってくれている安心感。

これは本当にありがたい話ですね。

さて、こちらは4月から預け開始のカレ。
水が大好きで、今日も水たまりで遊んで
ビショビショです。

カレのお母さんは、以前は公園などで
豪快に水ビチョなどになる子どもを見て
周りの目が気になっていたようですが・・・。

好きなだけびしょびしょに遊んでいるカレを
ぺんぺん一同、微笑ましく
見守っていきますよ!!


今年もどんなドラマが見れるかなぁ・・。
楽しみです!


(アヤノ)



ぺんぺんぐさのオープンディ「あそぼう会」は
毎月第三木曜開催!


今月は5月/18日(木)、ぜひ遊びに来てくださいね!
詳しくは、こちら

初めてぺんぺんぐさのブログを見てくださった方は
まずはこちらもどうぞ^^