「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2016年3月29日火曜日

春...さよならじゃなくてまたね

先日行われた「卒会をお祝いする会」
お天気にも恵まれてとても素敵な会でした

運動会で使った染紙で作った
おとのさまとおひなさまを飾って^^
子どもたちが一生懸命作ったのです

お昼はぺんぺん母の1品持ち寄りで^^
みんな凄いなぁ
写真撮る前に食べようとしたのは内緒です...笑



ご飯を食べながら始まった卒会式
ワタル、マオ、ヒナタは保育園へ
シュンチャンは引っ越しの為違う土地へ
カイトは小学生へ

と、それぞれ違った道へ歩んでいきます

卒会生にはぺんぺん母たちが作った
王冠と紙で作った花束を^^
そして写真入りメッセージカード〜
写真はこの倍以上あります^^
素敵〜〜

毎回当番が撮っている写真は何百枚...
何千枚あるんだろう

愛が溢れてるこの写真が
沢山の愛情が詰まったカードになりました

感極まって泣いたマオ
これね
ちゃんと卒業が寂しくて悲しくて泣いてる涙

4歳の子どもがそんな感情をもてるなんて!
びっくりしたし
私たちも感動しました


そしてぺんぺんで4年間
とってもとっても濃い年月を過ごした
カレもついに卒業です

年長は一人しかいなかったので
必然的にリーダーなカレ

ついに世代交代なんですね

今年度の年長は3人!
誰がリーダー的な存在になるか楽しみですね

この間新年長組が遊んでた時
ヒバが中心になってやろうとしたら
全然みんな聞いてくれなくて
ヒバが困ってたらしい....笑




春は別れの季節で
出会いの季節でもあり...

新しくスタートする関係も楽しみですねー

きっと4月は進級もあり
ドタバタなドラマが見れるんだろうなぁ




卒会式の後はホタのママ特製アイス〜
この日のアイスはヨーグルトといちご♪


早く食べたいよ〜 まだかなぁ...笑

でもね!!
みんなちゃんと待ってたんです
2歳前の子も早く早く〜と最前列を 
陣取ってたけど
待てなくて泣く子もいなくて
みんな成長してるのね〜〜〜


ガブリ〜



ぺんぺんは仲間がたくさん増えて
親子入れて60人以上〜〜

集合写真の一部^^

こんな笑い合える仲間に出会えるって素敵♪



子供同士で何やら作戦会議?

お絵かきに夢中なカノジョは
最近小さい子組の仲間入りしました
娘がぺんぺんデビューする頃(今年の夏予定)は
お姉さんになってるんだろうなぁ



4月からは
ぺんぺん第二子が2人デビューです

赤ちゃん当番で預けているので
信頼関係は問題なし^^
特に心配はありませんが
2人はどんな風に変わっていくんだろう?


母と離れ自然と遊ぶ
泥にまみれて
水を全身に浴びて遊ぶ姿が想像出来ます


小さい子は泥と水が好きだもんなぁ






ぺんぺんはケンカもいっぱいして
時には泣いて
時には怒って
自分を思いっきり出し切って
夢中で遊ぶ子どもたち



危ない事は止めるけど
子どもたちの感情を押さえつけて
出せないような事はしない


子どもはいつだって正直
その時の感情が1番


それを大切にしたい


どうしても

ケンカしないで
どうぞして
順番だよ
ダメって言わないで

それって誰のために言ってる?
相手の親のため?


1番は子どもたちの気持ちを大切にしたい



親も子どもたちも
同じ方向を向いてるからそこ
子どもたちを信じて見守ることが出来る



ま、ぺんぺんの外では
口出すことも多いですけどね...笑



子どもはとても純粋で時には残酷だけど
どんなキミでもみんな受け止めるよ


だからキミはいつも全力


母が受け止められない時でも
誰かがちゃんとフォローしてくれる


だからこそ母も救われる


子どもたちはぺんぺんがとても楽しそうだけど
本当に必要としてるのは母なのかもね^^






大丈夫!
新生活もその笑顔があれば毎日が楽しい

壁にぶち当たる時もあるでしょう
泣きたくなる時もあるでしょう


その時は遠慮せず遊びに来てね

思いっきり遊べは
また明日は楽しくなるよ


いつでもキミたちの事を応援してる


卒業おめでとう!!


(まきより)