「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2015年5月13日水曜日

ダンゴムシを探して

暖かく...と、言うより暑くなって来ましたね

でもこの日はとても過ごしやすく
林の中にいると少し肌寒いくらい

そんな中始まった初当番のヤマモトです

この日はとってもまったりムード
みんなじっくり遊んでました

まぁ「ぼくのぼうだよ」と喧嘩が始まり
素早く仲裁に入るダイチャン
気付けば喧嘩は終わってました
子ども同士で解決出来るのね

ダンゴムシを探すチーム
泥団子を作るチームと
みんな各々楽しむ子どもたち

今日はお水を豪快に入れたかったようです
彼が使ったのは4Lペットボトル3本!!
真剣な顔でしたよ

思わず何枚も写真を撮ってしまいました


何やらふたりで見つけたようです

この日は虫を探す子達が多く
せせらぎに移動しても
ダンゴムシをせっせと探す子どもたち
午前中もダンゴムシをいっぱい見つけて
探してという割には触れない子
その子の葛藤を気にせず
サササーと虫かごに入れて嬉しそうな子

触れなかった子も
来年には嬉しそうに捕まえたりするのかしら?

あまり暑くなかったこの日は
川に入る子が少なかったけど
保育士さんがプリンカップで
豪快にバッジャーン

それがとても楽しそうで
ぼくも!わたしも!とみんなが集まってきて
笑いが耐えない瞬間でした


お昼頃ちょっとナイーブな時期で
泣いてしまったけど
お昼を食べ終えて様子を見に行ったら
もう笑ってました
お友達の力は素敵ですね

写真撮って~と何度も言われて
素敵なポーズをしてくれました

うちの息子が困ってると
すぐ助けてくれる優しい子です


誰かが泣いてると心配して駆け寄ったり
喧嘩の仲裁に入ったり
お昼ご飯を分けてくれたり...

仲間っていいですね

この日見学の方が
「ここにいる人たち全員が大家族みたい」と
おっしゃってました

入会してまだ3ヶ月目ですが
私もそう思います

大人も子供たちも
助け合える仲間がいるって素敵ですね

これから暑くなってきて
子供たちがどんな風に成長するか楽しみです

にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村