「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2015年5月25日月曜日

ミーティング後も盛りだくさん

ぺんぺんぐさでは、月に一回、子どもたちを保育協力者さんたちにお願いして
全員でミーティングをしています

会の運営にとって大切なことを確認したり、問題を話し合ったりする大事な時間…
今回は、リスクとハザードについて意見を出し合う機会がありました

このテーマ、毎年話し合いますが、とっても奥が深くて一回で話し尽くすことはできません
青空保育だから、ケガは身近なもの
小さなケガは心の肥やしだけど、大きなケガにつながるハザードには大人が敏感でいなくては
また、もしものことがあったときの対処法を知っておくことも必要だし、
何と言ってもみんなでいつも話し合っていることが大事だな、と感じています

さて、そんなミーティングの後は…

お誕生日のひと誰だ?
ミエコさんからのメッセージを読んでもらったら…

みんながそれぞれお祝いメッセージを貼ってくれるよ
3歳おめでとう!

さてさて、これですっかりイベント終わったという雰囲気に見せかけていましたが…

イッちゃんサオちゃんに、サプライズでスライドショーをプレゼント
急なお引越しが決まって、6月にはお別れとなってしまいます
さみしいなあ、もっと一緒に遊びたかったね

持ち寄り軽食(オヤツの時間だったので…)で、お別れ会をしました

まだ6月少し会えるんだけどね!

(アサコ)
にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村