「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2014年3月20日木曜日

春だ! バッタだ! 初バッタだ~!

朝は晴れていたのに、集合場所に着いたとたん、曇って冷たい風が吹き始めました。
今日は私ペロのはじめての見守り…。そして、卒会の子には、最後の「大きい子組」の活動…。

緊張しながらはじまりました。



 
ミエコさんと、確実に現れてきた「春」を探しながら歩きます

 すでに心は田植え…? 
近くの用水路で、野生のシジミを見つけて、ペロ、興奮!
山道はつづく…
 まだまだ珍しいタンポポが咲いていたので、帽子につけてもらいました。
梅と桃の木の見えるところで、梅桃見弁当やー!
(手前に見えるのはペロの弁当です)
…食べていたら、林の奥の奥の木の上に、
マネキンの生首が置いてあって、子どもたち騒然。

お弁当のあとは、お弁当を食べていた場所が坂だったので、
そのまま滑り台ごっこ。
そんなにすべるわけではないけれども、たまたまできたこういう場所で、
自分たちが考えついて滑る、っていうことが、エキサイティングなんだなあ。


帰り道、寒くて、歩くのが遅くなっていたツヅ。
この日、泣くことが多かったユヅが、
「あたしが迎えに行ってくる!、ペロしゃん、先に行ってて」と
ずっと手をつないで帰ってきた。


 さあ! バス停まであと少し! 走るぞお!

あっ!! ころんじゃった!

 転んだ子に、「…大丈夫??」と気遣う女子コンビと、面白がって乗る男子。

「靴はかせてあげるから、がんばって!」

バスに乗る前に、新しく引っ越してきた家に来た、
新顔の犬たちとあいさつして、里山の地をあとにしました…

そうそう、写真を撮るのを忘れたけれども、
今日は、2014年初バッタの日!
小さい大豆粒くらいのバッタを、ヒバが3匹もつかまえました!
ヒシバッタというそうです。

にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村