「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2013年6月12日水曜日

ナイフを使うときのお約束

雨なので急きょ予定変更してクッキング。
大きい子の水曜日なので、テーブルナイフも使って焼きうどんに挑戦。

でもその前にちょっとひと遊び…洗たくバサミやお手玉で遊びはじめました。

あれこれおしゃべりしながら鉄砲、うまなど作ってけっこう楽しい…

とそこで普段はあかずのドア2枚を固定開放して廊下にふろしき敷いてお店屋さんを始めたら…

とっても盛りあがってたくさんの紙皿、紙コップに折り紙のサラダ、フライドポテト、オレンジ、
ヨッちゃんアイデアのハンバーグセット、ヤマトのイチゴジュースなど大盛況となり、
「うどんつくろうか」と話しても
「やだ~まだ遊びたい」(ヨッちゃん、シュンちゃん)と答えるほどでした。

ところが11:00すぎから材料をそろえ始めると集まってきた5人
テーブルナイフを出して約束事を話すと目が真剣そのものとなり
シ~~ンととても静かに聞いてくれました。


ゆでたにんじんを切る時も「わあ~すご~い」と歓声があがり、
すごい集中力で切っていきましたよ。


できた時「うどんできたよ~」と大きなシュンちゃんの声。

やさいがたっぷりの焼きうどん、「おいし~い」とよく食べていました。
だいたいひとり3杯は食べたかな…ふだん苦手な野菜もこういう時は良く食べますね。
ヨッちゃん、カイちゃんが「クッキングって楽しい~」とつぶやいていましたよ。

食べたあとは散歩。

ちょっとした散歩でもテントウムシのさなぎや生まれたばかりのテントウムシや、
ナメクジ、ダンゴムシ、ヤツデ、おじぞうさまなど出会いがあって、
そのたび寄り道が楽しかったです。

(ミエコさんの「今日の様子」より)

にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村