「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2012年10月12日金曜日

ぷちPP、おうちでごはん

今月も、ぷちプレイパークに団体参加しました
今回から、ぷち→放課後プレイパークが休みなしで行われ、
プレイリーダーさんも来てくれるようになったので、
おちびさんたちもお兄さんお姉さんの後をついてまわり、とても楽しそうでした
 
今日はトカゲのお客さんがたくさんで…ちょっとひいているシュンちゃん

どんぐりと松ぼっくりいっぱい拾ったよ~

う~ん、泥っていいよね~、和むよね~

「ちょうだい!」「だめ~、今つかってるの」
 
どんぐりアート完成しました。秋の調べ(勝手に命名)

お先にいただいております

ブルーシートのおうちでランチしたいひと続出
洗濯物がおうち感UPさせてますね

カイたんパパが遊びに来てくれました。いっぱい遊んでくれてありがとう!
 
(アサコ)
にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村