「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2016年1月15日金曜日

森の大掃除

遅くなりましたが
あけましておめでとうございます

いっぱい遊んで
いっぱい泥んこになって
笑って泣いて
楽しい1年になりますように

今年もぺんぺんぐさを
よろしくお願いします^^



今週は暖かくて天気良かったですね
そんな暖かい木曜日

大きい子組の子たちは
ホームの公園を抜け出して
ちょっと違う場所へ


この日はいつもと違うルートで上までGOー!

ここで息子が滑って顔面強打しまして...
もう登れない!抱っこして!と泣く

初めから心が折れたので
今日は1日グスグスかなぁと思ったけど
サポートを他の当番母に変わってもらったら
頑張って登ってました


ママがいる時はいっぱい甘えてほしい
でも踏ん張るとこでは
頑張ってほしいと思うのが親心


気持ちを切り替えて
登りきった時は感動しました


子どもっていつの間にか成長してる


親子だけでは感じる事が出来ない事も
そこに友達がいるだけで
解決する事もたくさん^^


頑張って登ってるハーチャンに対して

「落ちたらマオが
ハーチャンの事支えてあげるから」と
1個上のマオが頼もしく言ってました


登りきった後も
マイペースにゆっくり歩いてたハーチャン


2人でのんびり歩いてたらマオが


「ハーチャンがマオのことすきだから
まっててあげてるの」


と、ちゃんと待っててくれました



友情って素敵だなぁ




みんなと合流してからは
年中長がはりきって森の大掃除開始ー!

ここの階段を掃除するぞーと
年長カイトがリーダーになって落ち葉を
せっせと集めてました^^

その大掃除は自然と年中チームへ

それは、それは楽しそうに
落ち葉を下に落としていました

その下にいて写真を撮ってた私...
たくさんの落ち葉がかかったけど
それを見てたマオはいたずらな顔してニヤリ


そんな子どもの顔が見れる当番...
楽しいです^^


大掃除の中ひっそり始まったお店屋さん

息子が店長役でお客さんがズラリ!!
後半は長蛇の列でしたよー

お店屋さんでは
焼き鳥が大人気で
みんなでせっせと焼き鳥作りが広がりました

みんな真剣^^

枝を探して落ち葉を刺して
ただそれだけなのにみんな一生懸命

ぺんぺんの子たちは
特別な遊具やおもちゃははいらない
森にあるものでいろんな遊びを作り出す


スコップとプリンカップがあれば十分遊べます


子どもたちは遊びの天才だなぁ
でも私も子どもの頃はそうやって
落ち葉であそんだり
野山を駆け回ったりしてた!!!


ぺんぺんに出会う前は
公園に行っても遊具で遊んで
砂場で遊んで...と王道パターン


子どもの自由な発想で遊べるっていいね



だってこんなに素敵な笑顔


お弁当の後は木登りしたり
舞い落ちる落ち葉を
帽子でキャッチする遊びをして

絵本読んで...とあっという間の3時間でした


あー久しぶりの当番楽しかった♬




年中長が大掃除した階段はこんなにすっきり

この階段も落ち葉の絨毯だったんですよー


大人はこんな遊びしないと思うけど
子どもたちは楽しいんだろうなぁ




来週から寒くなるみたいですね
寒い中子どもたちは
何して遊ぶんだろう?




ちなみに息子は帰りの車で
「焼き鳥作るの楽しかったけど
ナオト疲れちゃった」と呟いてました..笑


(まきより)