「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2015年11月5日木曜日

赤ちゃん当番

私がぺんぺんに出会ったきっかけは
仲良い友達から自主保育の話を聞いて
気になって検索したら
森のようちえんからぺんぺんに辿り着きました

その頃はさむーい冬で
娘はまだ生後3ヶ月くらいの時

とても魅力的だけど
母が当番の時
娘はどうしたらいいんだろう?と心配でした

そんな中聞いた赤ちゃん当番の話

当番の赤ちゃんは
赤ちゃん当番の母がみてくれるというもの

息子が入会してから8ヶ月
赤ちゃんだった娘ももう1歳

周りの子たちも成長して
赤ちゃん時代は泣いてる赤ちゃんを
エルゴで抱っこして寝かせて...
と、言う感じでしたが
この日はみんなで平和に遊んでました
いやーみんな成長したなぁ
出会った頃はねんねの時期だったり
ズリバイしてたのにもう歩いてる!

アヤコとウメは手を繋いで歩いて
2人で会話したりして♪

そんな成長も身近に感じられて
我が子でなくても
可愛くて愛おしくて....♡

1歳5ヶ月のアヤコは
赤ちゃんが泣くと必ずイイコイイコして
なぐさめてました

まだおしゃべりは少ないけど
大人が言ってる事はほとんど通じていて
ちゃんと会話になってるんだよね

1歳5ヶ月ってこんなに分かるっけ?
アヤコ凄いね!とみんなで感動!!



みんなで遊んだ後はお昼タイム♪
よく食べるカノジョは
両手でおにぎりを持ってパクパク

小さなおにぎりおいしいね

娘は小さい子にあーんしようとしてた 
いや、スプーンを奪っただけかな?笑

陽だまりで遊んだりしてたら時間はあっという間♡

赤ちゃん当番中
平和に遊ぶ子どもたちを見守りつつ
運動会のメダル作り^^
そして母同士で悩み相談をしたり
実は楽しみな時間でもあります


活動後は運動会の横断幕に
手形や足型をぺったん 

ぺんぺんメンバーだけでなく
赤ちゃん達もみんなぺったん 

小さい足型たまりません♡♡♡ 

子どもたちは練習とかはせず
ゆるゆるな運動会^^

でも準備も楽しい♪

息子もぺんぺんで育ってますが
娘もぺんぺんと共に成長してます

 娘は母が当番で預けても
はじめはこの世の終わりくらい泣いてますが
すぐに切り替えてニコニコ遊んでるようです

少し前は泣いてる時間が長かった赤ちゃんも
赤ちゃん当番母の足にちょこんと座って
安心していたり

後追い真っ最中のカオルちゃんは
カイトの母を第二の母と認識して
ちょっとでも見えなくなると泣く

まるで本当の?母に対して後追いしてるのと
全く同じ様に泣きます

でも同じ空間にいればニコニコ^^

そんな信頼関係が築けるなんて素敵
一緒にいる時間が長いからでしょうね


本当にぺんぺんは大家族みたい


娘も出会えてよかったね

娘のぺんぺんデビューが楽しみです

(まきより)