「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2012年11月2日金曜日

桜台公園であそぼう会

今回も、たくさん遊びに来てくれました。みなさんありがとうございます!
 
ヨッちゃん、ユヅ、体調不良のためお休み
いつも場をリードしてくれるヨッちゃんの不在に、みんな最初は拍子抜けぎみだったようですが…
 
お母さんといっしょに崖すべりを楽しむ

お弁当タイムには、話が盛り上がりました
 
参加された方の感想―「自分は自然派だと思っていたけれど、ドロを見て驚いてしまったし、
まだまだ自然派ではないなと思った。こんな遊び方があるのだとわかって楽しかった」
「久しぶりにドロを触って自分の子どもの頃を思い出した。あんなに好きだったのに忘れていた」―

新メンバーのヤマトくん、エイちゃん、すっかりなじんで遊んでるね!
 
―元気印のリョウちゃんとエイちゃんは意気投合して、小川の飛び石でもつれ合って小川に落ちるくらいでしたよ(笑)。最近おっとりぎみなカイちゃんも、川に入って水を汲んでいました。
カイちゃんはナオくんに小さな斜面の上り方を教えてあげて、いつもはおっとりなナオくんは
俄然やる気が出て、何度も何度も挑戦。なかなか上れないので他の緩やかな斜面を誘うのですが、
「カイちゃんが上った場所」を挑戦し続けていましたよ。友だちの力ですね。
その後ヤマトくんとナオくんは、参加者の人たちと池の方へ。ヤマトくんは小川にずいぶん入って
いましたね。ときどきお互いお母さんを交換して、いい雰囲気でした―ミエコさんの「今日の様子」より
 
(アサコ)
にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村