「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2018年6月18日月曜日

ぺんぺんぐさの学習会『ぺんカフェ』にいらっしゃいませんか?

今回、会場が広いので、一般の方のご参加をお受けできます。
森のようちえんについて、子どもたちの育ちについて、中能さんのあたたかいお話をいっしょに聴きませんか?お子さんといっしょに参加できます!

               ***************************************

テーマ『森のようちえんの魅力』

講師:中能孝則さん(NPO法人森のようちえん全国ネットワーク連盟運営委員、日野社会教育センター理事)

自然のなかで自ら育ち合うぺんぺんぐさの子どもたち。それを可能にするためには、大人のあたたかいまなざしと安心感が欠かせないと思っています。
自由に子どもたちが紡ぎ出すあそびを、ただ放任するのではなくどう見守ったらいいのか、ぺんぺんぐさはたびたび学習会を開いています。

このたび、森のようちえん全国ネットワーク連盟運営委員であり、自然教育の実践とデンマーク本場の森のようちえん視察研修会主催をたびかさねてこられた中能さんをお迎えすることになりました。

森のようちえんという「手づくり保育」の魅力と、自然の中での育ちの魅力を語っていただきます。包容力たっぷりのあたたかいハートと熱い語り口は思わず引き込まれます。
少しでもご関心ある方は、ぜひご一緒に聞いて、子どもの育ちについて話してみませんか?

日時 6月22日金曜日 10時~11時50分(9時50分開場)
場所 藤が丘地区センター(田園都市線藤が丘駅より徒歩7分)
参加費 1000円
申込み メールか電話で、6月20日までにお願いします
    aoba.penpengusa@gmail.com
    090-9147-3027(平日17時まで)担当: 内藤

*託児はありませんが、お子さんもご一緒にマットの上でゆるやかに行います。
*なるべく公共の交通機関をご利用ください。駐車場はコインパーキングをご利用ください。


***************************************



「あそぼう会」はどなたでもどうぞ! 
生後8ヶ月頃から楽しめますよ^^

次回は6月21日(基本的に第3木曜日です)

お花つみをしたり
ありんこをさわったり、
水遊びしたり…
ウキウキする季節がやってきました

多少暑い日も、
木陰を通る風は涼しく、
水をさわるのがとっても楽しい

あたたかい日の雨も
ポツポツとっても心地いい

何もないところでも
子どもたちは遊べます…
見てる大人も癒やされますよー
詳しくは、こちら

初めてぺんぺんぐさのブログを見てくださった方は 
まずはこちらもどうぞ^^


ぺんぺんで一緒に育ち合う仲間も、募集中です


2018年度の年少児クラスの募集はいっぱいになりました。
ご希望の方は、個別にご相談ください。


2歳児クラス(2018年4月1日時点満2歳)は、現在若干名募集中です。

入会前に、今から月2回参加する1歳児親子クラスも、
若干名募集中です。