「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2017年6月8日木曜日

水遊びが気持ちいい季節になりました。


久しぶりのS公園での活動でした。
ここは夏でも木陰が多くて風が吹き抜けて、
とても過ごしやすい公園です。

さっそく水遊び開始。


小川の側にある大きな石。
子ども達には「電車」になります。
今回も満席。
皆先頭で車掌さんをやりたいらしい。


最近おままごとごっこをするように。
小さい子達も友達と会話をしながら
遊べるようになりました。

リオが「こどもの国に行こう!」
と言い出すと皆真似をして
リュックをしょって公園を1週~。

途中で保育士みえこさん達が遊んでいる
お店やさんで立ち止まり、お買い物。

お金は「葉っぱ」

葉っぱとお水やら、お花の入ったコップを交換

誰かが11:00前に「お腹がすいた~」と言うと
皆お弁当を食べたくなっちゃいました。

みえこさんが「11:00まで待とうね~」
と皆で手遊び歌をやることに。

幼稚園などでは普通にみえるこの光景。
時間を決めて遊びを提供する事を
あまりしないように心がけているそうで、

ぺんぺんではめったに見られない
光景なんだそうです。

「何歌いたい?」、

「歩こうの歌」、「お花の歌」

いろいろなリクエストに答え、 歌っていきます。

すっかりお腹がすいた事も忘れ、
遊びに夢中になっちゃった(笑)

その後、ゆっくりお弁当タイムとなりました。



最年少の彼女は皆から可愛がられる存在。
彼女が泣けば、誰かがお世話してくれる。
癒される場面です。


さて、ぺんぺんでの活動の〆は
絵本と手遊び歌タイム。

保育士さんの手遊びを真似して
皆が真似する姿は、
なんとも可愛らしい瞬間です。

小さい子だけでなく、年中長の子も
こうやって手遊び歌では
ノリノリでやってくれます!


純真無垢な心を
持っている子ども達。

いつまでもこの心を
持ち続けてほしいなぁ。

(アヤノ)






「あそぼう会」はどなたでもどうぞ!
生後8ヶ月頃から楽しめますよ^^

毎月第三木曜開催です

今月は6月/15日(木)、ぜひ遊びに来てくださいね!
詳しくは、こちら

初めてぺんぺんぐさのブログを見てくださった方はまずはこちらもどうぞ^^