「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2016年6月2日木曜日

子どもは「今」を生きている


少し前に行われたぺんカフェ

母たちの疑問や不安
青空保育に対する思いなど
ガッツリ話せる素敵な時間^^


長くなってしまいましたが
興味がある方はお付き合い下さい



今回は
青山学院女子短期大学助教授が来て下さり
「ぺんぺんって外から見たらどんな感じ?」を
テーマにして話し合いました


自主保育や里山保育などの
保育における安心感に詳しい心理学専門の方の
話が聞けるなんて滅多にない話〜



私…個人の話ですが
今、年少にいる息子と
今年の夏小さい子組に入会を控えてる娘の母です



幼稚園に行くかぺんぺんで過ごすかって
選択する時期に
なーんも迷いなくぺんぺんを選びました


恐らく…娘が卒会する4年後まで
ぺんぺんで過ごす予定です^^


問題は体力が持てば…ですが…笑



そんな私の話はさておき
幼稚園行かなくていいの?
少人数で大丈夫?と不安はありました


そんな不安をふっ飛ばしてくれた
今回のぺんカフェ


どんな内容だったか紹介させてください




これから青空保育の良さを
大いに語らせて頂く訳ですが
決して幼稚園、保育園を
批判してる訳ではありません



幼稚園には幼稚園の良さが
保育園には保育園の良さが
青空保育には青空保育の良さがある


ただそれだけです^^




1番印象的だったのは


自分で子供の育ちを見ることができる
1番良い時期に他の人に預けるのはもったいない



と、言う言葉




私が迷わずぺんぺんを選んだのは
まさにそれでした



どうしても毎日毎日起きてる間は
ほぼ一緒にいる我が子


イライラしたり
怒鳴ってしまったり
冷たくしたり……


それでも息子の事は大好きで
完全に離れてしまうのは寂しい


それが1番の理由です


大きくなれば
嫌でも親から離れていってしまう


きっと
ママー♡ママー♡ママー♡
と、毎日毎日呼んでくれるのも
あと数年…





小学校に入学すれば
嫌でも別々の時間を過ごす


キミと過ごす濃い時間は
あと3年しかない?
3年もある?


きっとその3年は大人の3年とは
比べ物にならないくらい濃くて
貴重な時間


その貴重な時間を
こっそり見守りながら
子どもに寄り添いながら子育て出来るなんて


あぁ…なんて幸せなんだろう



少人数だからこそ人間関係を学べて

自分の遊びたい遊びを
自分でみつけられる環境がとてもいい

ぺんぺんは始まりと終わりの時間以外は
特に決まりはないので
遊びも大人は決めず子どもたちが主体

だから遊びが盛り上がってきた時に
終わる事はない

だからとことん遊びこむことが出来きる


遊具なんて自然があればいらない
子供はそこにあるもので遊ぶ

草木と泥と水と時々虫がいれば
じゅーーーぶんに遊べます


いっぱい遊んでいっぱい食べて
遊び疲れたら寝る

子どもたちも幸せだろうなぁ…




人生に準備の時間はない
子供は「今」を生きている

子どもたちは明日の事
次のことは考えてない

でも大人は将来という視点で見てしまいがち…
 
不安だから色々考える
でも幼児期は「今」を生きることが大事


今を生きられるのは今しかない




根っこづくりの時期に
子供と一緒にいられる幸せ




安心して子どもたちが
子どもでいられる事がたいせつ



子どもたちも
親以外の大人との密な関わりが沢山できる 


母が言っても泣いてるだけでも
他の母が伝えれば
すんなり行く事も多い


子どもも1人の人
自分の思い通りになんてならない


でも子どもに乱される毎日

ただご飯を作りたいだけ
ただゴミを捨てに行きたいだけ
買い物に行きたいだけ
電話したいだけ



ただそれだけの事が
スムーズにいかない子どもとの生活



ママ…笑って?
ママ…怖い声出さないで?


ママのことだいすきだよ



ママーママーママー!!




ママーーーー!!



しんどいときもある
叫びたい、逃げたい、1人になりたい


そんな時もあっていい
母も1人の人間だから^^


そんな時に「助けて」と言い合えるぺんぺん
預け合いをして信頼関係があるからそこ
助けてが言える

助けて、と言う前に
気付いてくれる仲間がいる


親の育ちの場でもあります



私が今…
1番大切にしたい事ってなんだろう?って考えた時



「ぺんぺんで子育てがしたい」が1番に思って
ストーンと自分の中に入ってきた



ぺんぺんで成長する我が子や子どもたちと
一緒に遊んで見守って
時には一緒に泣いて……

悩んだらすぐ相談して
愚痴って笑い話に出来る


そして我が子のかわいい親ばか話を
思う存分出来る!!



出会えて良かったな
1人で子育てしなくて良かったな



そんな感じのお話でした
いつもみえこさんから聞いていたり
自分で感じていたことでも
ぺんぺん外の方にそんな風に言って頂けると
「これで良いんだな…」と
安心するし自信になりました




いろいろな事情があって、
やりたくてもできない人
続けたくてもできない人もいる。
だから、続けていけることは幸せ、感謝です


理解してくれる家族にも
暖かい仲間たちも
かわいい子どもたちも…



全ての出会いに



ありがとう







明日はマルシェです
新しい縁にも出会えるといいな

遊びに来てくださいね^^





(まきより)