「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2016年2月17日水曜日

梅林で、こないだのつづき

今日は、大きい子の活動日。ポカポカ陽気の中、バスで里山へ
初参加のユウカちゃんもいます

陽当りのよい田んぼで、思わずごろり

つぎつぎ寝ころぶ子どもたち。今日はもうお昼寝しちゃおうか

「そら、とべーー!」
いつかの夕日の中でもやってたね

泥だんごをこねくりながらのおしゃべり
このあと、だんごを落として泣いてしまった男の子の肩をたたいて
「また、つくればいいよ」となぐさめてました

この日は道みち泥だんごアートして歩いたね

さて移動!と思ったら…お昼寝のなごりが^^

泥で、靴や草履がすっかり重たいゲタになっちゃいました
途中の「下駄屋さん」で、泥をおとしてまた歩きます

田んぼのあぜで、突如始まったどんじゃんけんぽん
3つの関所に立つ年中年長さんに勝ったら、先に進めるという独自ルール

水路の脇を歩くのは、まだおぼつかないナオト
そんなとき、さっと手をかしてくれるのはツヅ

先週は咲き始めたところだった梅が、すっかり見頃になっていました
こないだのつづきで、洗濯やさんごっこ
「洗うものありませんか~」と強制的に衣類をうばわれます^^;

こちらもこないだのつづき

たくさん遊んで、帰りのバスへと急ぎます

(アサコ)