「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2015年8月7日金曜日

ぺんぺんの放課後、お別れスイカ割り


木漏れ日もまぶしいこの日    

活動後にみんなあつまり、お引越しするメンバーのお別れ会をしました
メンバー母トモちゃんの愛情たっぷりなメッセージカードに、ミエコさんからの言葉

こんなに弾けた笑顔の女の子だから、お引越し先でも楽しいこといっぱいだね


 うちの下の子は、「コミ~、コミ~」と呼んで、いつも水遊び仲間してました
遠くなっちゃうのはさみしいけど、少し大きくなって、また遊ぼうね

そのあとは、スイカ割りしました
小さい子は、ミエコさんに手伝ってもらって、ポカリ

年少さん以上は、目隠しをして本格的に

なかなか手ごわいスイカめ、最後の望みはカイトに託された…
が、残念、ひびが入ったのみ
保育者ヨッシーさんによって一刀両断されたスイカさんでした
(こうしてみんなの憧れのお兄さんとして君臨していくんだな…ニクいぞ!)

***

ぺんぺんぐさは、これから1週間の夏休みに入ります
みんな暑いけど外でも遊んで、またお盆明けに元気で会おうね!

(アサコ)

にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村