「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2012年12月14日金曜日

桜台公園であそぼう会

久しぶりの桜台公園は、木々の葉っぱがみんな落ちて、すっかり見通しが良くなっていました
 
12月に入り寒さも本格化ですが、あそぼう会にたくさん来てくれて(飛び入り参加してくださった方も^^)、
ありがとうございます!
 
葉っぱのこたつ、あったかいかな?

おちびさんのピンチに助け起こそうとするも、一人では起こせずスーパーマン二人がかりで、よいしょ


冬の川遊びを堪能中 

今日は朝ぺんぺんに向かうユヅを見送って(送ってもらってありがとう!)、とある講演を聴き、
ちゃっかり座談会も参加して遅れてお迎えに行きました
すると、坂道をしっかり歩いていく後ろ姿が見え、追いかけたいような見ていたいような気持ちに…
まるで恋??
 
(アサコ)

にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村