「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2016年8月3日水曜日

遊びに夢中

この日は年少と小さい子合同の日

ここ最近は定番になっている
泥んこで遊ぶ子どもたちと
虫捕りする子どもたちと別れて各々遊ぶ

この日はバッタを捕る子どもたちが多くて
カレはいっぱい捕まえて嬉しそう
半年前までバッタを捕まえられなかったのに
いつの間にか
こんな捕まえられるようになったんだろう?



小さい子たちは松ぼっくりでお店屋さんごっこ

でもみんなバッタ捕まえてて
ちょっとびっくり……

小さい子たちも捕まえられるようになったのね




そして我が娘…
ついにぺんぺんデビューしました!

赤ちゃん当番で母と離れるのは慣れっ子な娘

一度も「ママ…」とは言わなかったそうです
嬉しいような悲しいような…
母としては複雑な気分です…笑

子どもたちは水道が大好き
しかしお水は大切に…

蛇口をしっかり閉めて
出ないお水を求めてここで遊ぶ子どもたち

そして母たちが持ってきた
4Lペットボトルで水遊び〜〜
各々お水を入れて持ってくるので
豪快に水遊びできます〜


「きゃーーーー♬」

熱中症対策で暑くなってきたら
みんなで水浴び^^

かけてーかけてーと喜ぶ子たちと
逃げつつ実はかけてほしい子たち…

本気で嫌がる子も…
でも今年の小さい子たちは
水苦手な子は少ないかも?


今年買った大きめなBOXの中に入って
みんな楽しそうに遊びます

最近預けが始まったカレ…
ママが大好きで、ママが恋しくて泣いてしまう

泣いちゃうのは母としては心苦しいけど
もう少ししたら友達と遊ぶ楽しさが増してくる


だって泣き止んだらこんな楽しそうな笑顔

泣いたっていいじゃない
自分の気持ちを泣く事によって
表現できるなんて素敵

それだけママが大好きって事だね

いっぱい泣いて
少し悲しい気持ちを出し切ったら
その次は心の底から笑える瞬間が
たくさんあるよ^^


君の成長をぺんぺん母として
見守る事ができる幸せ

娘も小さい子組に入会したので
小さい子たちの成長も間近に見れるのが
楽しみで仕方がない^^




そしてこの日はあわあわの日でもある


アイス屋さんの開店でーす^^
たくさん作ったのでみんなでどーぞー


最後まで遊んでたのはこの2人
お昼ごはんも食べずずーっと遊んでました

お腹空いてるのも忘れちゃうくらい
遊べるのって子どもの特権よね


でもみんなで食べるお弁当は格別


今年の夏もいっぱい遊ぼう


まきより