「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2014年5月12日月曜日

笑顔がキラキラ

GW明けて、初めての全体活動の日でした

預け合いが始まった子たちが少し慣れてきて、
でも、お休み期間を置くとまた不安定に…ということがままあります

今日もそんな一日かもな〜と覚悟しつつ当番に臨んだ私でしたが…


変わらずマイペースな遊びっぷり

お母さん恋しかった子にも笑顔が
友だちがいるって、いいね

お弁当も、みんな競うようにピカピカにしてます

着替えや、お弁当の準備や片付け、1歳の子たちも自分でやろうとします
すぐに遊びに走る大きい子たちよりも、むしろマジメ^_^

泥んこや水や、遊びにのめり込んで、
お母さんが帰ってきたときに見せる笑顔はキラキラ

がんばってるね!

小さい子たちの当番、毎回ほっこり楽しませてもらってます

(アサコ)
にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村