「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2012年7月30日月曜日

公園にクワガタあり

今日は、リョウちゃんシュンちゃんが用事でいないので、少人数制のぺんぺんです

ヨッちゃんが公園にやってくると、おじさんが立派なクワガタをくれました
はさまれるとかなり痛い!…らしい(私は触る勇気がなくて)

まったり泥遊びからスタート。カイたん後光が…

トンボ、つかまえたよ

ニコニコなふたり。お魚すくえたかな?

しばらくお休みだったリホちゃん、今日は会えて良かった!
相変わらず元気いっぱいだったね

明後日から、ぺんぺん合宿?携帯がつながらない川遊び天国に2泊3日のお泊り。
みんな元気に会おうね!

(アサコ)