「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

団体情報

 



●名称   特定非営利活動法人 青空保育ぺんぺんぐさ

●設立   20123月 → 20188月にNPO法人化

●会員数  正会員20名 賛助会員37名(20196月時点)

●役員   7名       

●職員   常勤4名 非常勤3

●理事長  森耕太郎    

●共同代表 土井三恵子、井上香織

●活動内容 1青空保育事業 2子育て支援事業 3野外活動事業

●事業の目的
自然の中でのびのびと育つ力を尊重した乳幼児保育事業の中で、保護者とともに育ち合いを支えるコミュニティをつくり、また、幅広く地域の一般親子への子育て支援事業も行なう。さまざまな年齢層にむけて外遊び・自然体験の価値も伝え、地域理解も目指しながら、「安心して子育てできる地域のつながりづくり」に寄与することを目的とする。小学生児童対象の自然体験活動も行ない、健全育成に寄与することを目的とする。

◎ぺんぺんぐさは、NPO法人森のようちえん全国ネットワーク連盟の安全認証を受けた、認証団体です。


*  *  *  *  *