「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2013年2月25日月曜日

定例MT

上映会直前のMTは、当日の流れや役割分担など、確認することがたくさん…
そんな中思いがけなく飛び出した、メンバーの葛藤する気持ちに、他のメンバーの気持ちも揺り動かされました。
なんでも言い合える仲に、と言いながらも、相談できずに抱えてしまっていた。
大事な仲間だから、少しさみしい気持ちににはなったけれど、それを上映会の前にちゃんと打ち明けてくれて、私たちもいよいよほんとうに大詰め!楽しんで良い上映会にしよう!という気持ちが高まりました。

前回に続いて、ナオくんのおばあちゃんが保育に参加してくれました。
どうもありがとうございました。
                                                       (アサコ)

にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村