「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2013年2月8日金曜日

凍える!金曜PP

今月も、ぷちPP改め(一日通しになったので)金曜プレイパークにおじゃましました!
今年2回目の凍てつく寒さ…風がビュウビュウで大人も厳しい回となりました

こんなときは、綱引きであったまるぞ!オーエスオーエス(なつかし)

こちらは元気っ子たち

こちらは寒いの苦手なおふたりさん。ブルーシートのおうちでやっと笑顔が出ました

おちびさんたちも集まってきたよ

最後は、木の根もとでお休み中の虫さがし。なんだかぺんぺんらしいひと時でした
 
お迎えに行っただけでも寒さが身に染みた日でしたが、
冬が始まる前は、こんな日が冬中ずっと続くものだと恐れていたのです
ふたを開けてみれば暖かくてまったりな日がほとんどで、
外で過ごす冬も悪くなかったね…春はもうすぐそこ!
 
(アサコ)


にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村