「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2012年11月30日金曜日

新しい遊び場

寒くても外でたくさん遊んで、お昼は室内でほっこりできたらいいね、ということで、
今日は近くにお部屋が借りられる公園に、初めてやってきました
 
興奮気味で走り回るヨッちゃん

起伏にとんでいて遊びやすい公園。フェンスと斜面に挟まれたナゾのスペース有り

おちびさんたちも、サザンカの花びらや土でそれぞれ遊びだす…
 
―2週間ぶりのエイちゃんでしたが、朝からヨッちゃん、リョウちゃんとじゃれ合っていましたね。
しばらく走り回った後はナオさんと4人で「コチョコチョ戦いごっこ?」もずっと楽しんでいました。
時々エイちゃんが「だめ!」と言われて戸惑う場面が見られましたが、
それだけエイちゃんの存在が大きくなってきた証拠。
これを通過してさらに仲良くなっていくよ。がんばれ!―ミエコさんの「今日の様子」より

思ったより暖かかったので、外でお弁当タイム。その場の雰囲気で動けるのは自主保育のいいところ
 
―初めての場所で不安そうだったシュンちゃんも、前半は大人のそばにいましたが、ふとモモちゃんが近づいてきて手をつないでもらい、そうしたらユヅちゃんも自分から手を差し出して
3人つなぎになり、ナオくんも近づいていって4人で向き合う姿がとっても微笑ましかったです。
お弁当の時間もモモちゃんがユヅちゃんの用意を手伝ってあげたり、
ユヅちゃんがシュンちゃんに食べさせてあげたり、素敵な関わりが見られました。
シュンちゃんだんだん調子が出てきて「ユヅちゃんにたべさせた」と笑っていました。
友だちの名前をしっかり呼ぶようになったんですね―ミエコさんの「今日の様子」より

ミエコさんの紙芝居を、シュンちゃんを抱っこして見ているヨッちゃん、おにいさんだなあ
 
普段おにいさんたちと過ごすことが多いユヅには、モモちゃんの存在はとても刺激になったみたい
またあそぼうね!
 
(アサコ)
にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村