「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2012年8月20日月曜日

桜台公園で遊ぼう会

遊ぼう会に、ソノちゃん、ソウちゃん、アッくんが遊びに来てくれ、
お姉さんのママちゃんも加わって、にぎやかなお盆明けです。
いつも遊びをリードしているヨッちゃん、今日はまだ帰省中でお休み。まったりムードの会になるかな…

――リョウちゃんは、今日は口数少なめ。小川にいるとき無言でミエコに近づいてきました。
何するのかな~と見ていたら、ものすごい集中力で、無言のまま袋の中の泥水を
みえこにかけ始めました。その集中した表情がなんだかおかしくて、笑ってしまいました。
 連休明けで、ちょっぴりおとなしい雰囲気だったので、カイちゃんに水をかけながら
追いかけっこを試みてみました。リョウちゃんがまたもや無言で追いかけっこに加わった後、
カイちゃんが泣き始めてしまいました。ひとり走り続けるリョウちゃん(笑)。
無言・無表情なのに、実は楽しそうで、リョウちゃんっておもしろいなあと感心してしまいました
――ミエコさんの「今日の様子」より
 
初めて来てくれたソウちゃん、ママちゃんといっしょにビニール袋に水を入れてジャー!とするのが
気に入って、みんながご飯にしようと歩き出してもまだ遊びたかったそうです
最初は、手でみんなにおいでおいでをしていたのですが、
お母さんに「聞こえないよ」と言われ、「おいで!」と声が出たんだって

タデチョウ

大きなオスのカブトムシ!カイたん「どこで買ってきたの?」って言ってた^^


今日の出会いは他にも、コクワ、お腹も背中も七色のタマムシ、カマキリ、セミ、
死んだばかりのザリガニ、太いイモムシ、カモの親子、バッタとたくさん!!
 
――やはりいつもと変わらず好調だったユヅちゃんは、自分から見学のアッくんとソウちゃんの隣に
座ってお弁当を食べ始めました。アッくんと微笑みあいながら食べたり、
ブドウを欲しがるソウちゃんに3個もあげたり、見ていて微笑ましい光景でした。
前半は本調子ではなかったカイちゃんだったけれど、何を思ったか急にユヅちゃんおにぎりを
差し出しました。今までみんながお弁当の交換をどんなにしていても、自分の弁当は
絶対あげなかったカイちゃんが、ユヅちゃんの口におにぎりを入れてあげていました。
食後もユヅちゃんとじゃれ合ったり笑い合ったりして、素敵な光景でしたよ。
シュンちゃんも、お弁当から少しずつおしゃべりが聞こえるようになり、
手遊び、よみきかせでは大きな声で参加していました――ミエコさんの「今日の様子」より
 
GW後にはカイたん、ユヅはかなりGW前の状態に戻ってしまい、べったりアゲインだったのですが、
今回はそんなこともなく、ミエコさんやいつものメンバー、
そして新しいお友だちとの遊びを楽しめたようで安心しました。
子どもの適応力はすごいですね!
 
(アサコ)