「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2021年3月5日金曜日

すぐそこに春が来た〜

 ぺんぺんの大きい子組(年長〜年少)は

毎週ふるさと村へお散歩に行って

大冒険の日や、のどかにお散歩の日もあり

その日その日の

一期一会の出会いがたくさんあります



この日は凄く暖かくて

山を超えていつもよりたくさんお散歩したあとに出会った

一面の「ホトケノザ」と「オオイヌノフグリ」



畑のおじさんから「好きなだけ摘んでいいよ」と

言ってもらえたので

みんなで持ちきれないほど摘んで

たくさんのお土産をもって帰りました



梅の花を見ながらお弁当を食べて

春だなぁとしみじみ感じます


ぺんぺんの子どもたちは基本的に外で遊びます

なので季節の変化にすぐ気付きます(^^)


てんとう虫もたくさんいて

【虫が出てきたって事は春なんだな】と言うのを

身体で体験して行く


そのひとつひとつの体験が

ちいさなちいさな子どもたちを作っていくんだなぁ



今年度のぺんぺんもあと2週間ちょっと…

子どもたちの成長に心を打たれますね


(年長母のまきより)



*   *   *   *   *

■Facebookは
こちら

■Instagramはこちら

*  *  *  *  *

くわしくは、画像をクリックしてください

「あそぼう会」はどなたでもどうぞ!
生後8ヶ月頃から楽しめますよ^^


4月22日(第4木)
以降、毎月第3木曜日開催です。

凛とした透明感あふれる冬から、
いのちの芽生えに出あえる
春の季節へ。

土の感触。
あたたかな陽だまり。
ひょっこり顔を出す、テントウムシ。
縮こまった葉っぱの陰から顔を出す
小さな草花。

季節の移り変わりに、
子どもも大人も
きっと楽しい発見がいっぱい。

晴れて風を避けられる場所なら、
びっくりするほどポカポカです。

冬でも暖かくあそぶコツもお伝えしますよ。

3密になりにくい外遊びに
さらにコロナ感染対策をとって、
少人数で開催予定です。

子育てはひとりでしないで。
すこし風穴が空くだけで、
ずいぶんラクになりますよ。

詳しくは、こちら

*  *  *  *  *

初めてぺんぺんぐさの
ブログを見てくださった方は
まずはこちらもどうぞ^^

*  *  *  *  *

ぺんぺんで一緒に育ち合う仲間も、募集について

満1歳前後からの
親子組(月2回)を募集中です。
(2018~2020年生まれ、生後8か月ごろ~)

2021年4月1日時点満2歳の
2歳児クラス(
週2日預かり保育)を
若干名募集中です。
(2018年4月生まれ以降の学年)

2021年度週3日年少児クラスは、
定員に達しました。
 ご希望の方は、個別にご相談ください。

*  *  *  *  *


保育士さんを募集しています

ミーティング・懇談会などの時の
室内保育だけでもかまいません。

もちろん自然の中での青空保育でも。

現在の4人の保育者(保育士・幼稚園教諭)と一緒に
魅力いっぱいの子どもたちの育ちを見守りませんか?

*  *  *  *  *

よこはま夢ファンド
(ふるさと納税)により
ご負担を少なく
ご支援いただけるようになりました
↓ ↓ ↓
「ぺんぺんぐさを応援してください」

*  *  *

NPO法人青空保育ぺんぺんぐさは、

NPO法人森のようちえん全国ネットワーク連盟の安全認証を受けた、認証団体です
http://morinoyouchien.org/