「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2020年9月10日木曜日

森ノオトにコラムが掲載されました


ぺんぺんぐさ、保育士が
森ノオトに連載してるコラムが掲載されました



書き出しに書いてあるコウくんのエピソードは
私もサポートで入っていた日


正直どう接したらいいのか…迷いました


でも保育士みえこさんは
態度は変わらず、コウくんの気持ちを受け入れつつ
やってほしい事は優しい態度で
同じトーンで何度も伝え続けていました


私なら、じゃあこれは?
こっちは?と色々提案してしまいそう…
その接し方に愛を感じたし
やっぱり凄いなぁ…と思いました


みえこさんのコラムは
読んでるといつも感動して泣いちゃう


自分の子ども以外の子の成長に
感動して泣くなんて…
ぺんぺんと出会えなかったら味わえなかった感情です


そこが、ぺんぺんの良さのひとつでもある

ぜひ読んでみて下さいね


(まき)

大きな空の下の、ちいさな なかまたち。 
~風や鳥に、背中をおされて~


■Facebookはこちら
■Instagramはこちら

*  *  *  *  *

くわしくは、画像をクリックしてください

「あそぼう会」はどなたでもどうぞ!
生後8ヶ月頃から楽しめますよ^^

次回8月27日木曜(終了次回9月17日)

 毎年暑さはきびしくなりますが、
かといって、
おうちの中に閉じこもった子育ては
もったいない。

おひさまを感じて、
木陰のさわやかさを感じて、
水に濡れたときの解放感を身体でおぼえる。

たわいもないことだけど、
そんな夏は、
子どもの感性とからだをぐんと育てます。

夏に紫外線を浴びておくと
インフルエンザにもかかりにくいという
研究もあります。

暑さ対策、
虫よけ対策もお伝えできると思います。

三密にもなりにくい外遊びを、
いっしょに楽しみませんか?


 現在コロナウィルス感染予防の対策をとりながら、
10名定員で、時間を短くして
毎月第3木曜に行っています。

子育てはひとりでしないで。
すこし風穴が空くだけで、
ずいぶんラクになりますよ。

詳しくは、こちら

*  *  *  *  *

初めてぺんぺんぐさの
ブログを見てくださった方は
まずはこちらもどうぞ^^

*  *  *  *  *

保育士さんを募集しています

ミーティング・懇談会などの時の
室内保育だけでもかまいません。

もちろん自然の中での青空保育でも。

現在の4人の保育者(保育士・幼稚園教諭)と一緒に
魅力いっぱいの子どもたちの育ちを
見守りませんか?

*  *  *  *  *

ぺんぺんで一緒に育ち合う仲間も、募集について

満1歳前後からの
親子組(月2回)を募集中です。
(2018年4月生まれ以降、生後8か月ごろ~)

2021年度の週2日預かり保育・2歳児クラス
(2020年4月1日時点満2歳)は、
若干名募集しています。
2021年度週3日年少児クラスは、
定員に達しました。
 ご希望の方は、個別にご相談ください。

*  *  *  *  *

よこはま夢ファンド
(ふるさと納税)により
ご負担を少なく
ご支援いただけるようになりました