「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2013年9月9日月曜日

今日は、セミつかみ記念日!



今日は保育協力者のよっしーのまわりにドロ遊び軍団が群がり、とても集中してドロ遊びに精を出していました。しばらく休みがちだったミキちゃんが心細そうにしていたので、大好きなお花を採りに行こうと誘ったら、ヤーくんとヒナタとエイちゃんがセミを捕りに行きたいと積極的なので、こっそりのんびり少人数でセミ捕りに行こうと思ったら・・・ドロ遊びをやめてゾロゾロ大勢やってきてしまいました!




あれだけ盛り上がっていたドロ遊びが終わってしまったのは残念でしたが、好奇心旺盛なのはいいことですね!なぜか行きたがっていたヤーくんは途中で戻って、ドロ遊び続行。

エイキとリョウちゃんがまずセミを捕まえたら、ヒバがとても積極的になってきて、今日も捕りましたよ。ナオくんは残念ながら逃がしてしまい、ヒナタはジ~~~っと見続け、なんとユヅがセミを掴みました!去年はダンゴ虫もこわがっていたユヅが!そしてサクヤは全く臆することなくカナブン、セミ、トンボに手が出ます。平気でつかまえてすごいね!他にも捕まえた子はいたかな。





ごっこあそびの大得意のリョウちゃんが、大きな真四角のベンチに座って「電車ですよ~」と始めたら、たくさん集まってきて、電車がずっと満員でした。おかしかったのが、四角の四方に外向きに並んで座って、あっちにもこっちにも進む電車のようだったことです。ダイチ、ヤマト、ナオくん、エイキがとくにず~~~~っと乗っていました。





広い所にでたら、ミキちゃん、シュンちゃんも心が解放されてニコニコ顔で走っていました。ヤーくん、ヒナタ、モモちゃんの「おちびちゃんグループ」はたくましくせせらぎにずっと入って、ビチョビチョこぞうになっていましたよ。よく遊ぶこと!




大きい子の水曜日は俄然たくましく張り切っているカイトは(ダイナミックな遊びが大好きなんですね)、小さい子がいる時はいろいろな遊びを覗いて気配り上手なかいとになっています。私がお弁当を後から食べに行くとブルーシートが込み合っていて「わあ、満員だね」と呟くと、「カイトの横座ってもいいよ」とすかさず誘ってくれました。

 
 




(ミエコさんの「今日の様子」より)

 
にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村