「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2013年7月22日月曜日

みんなでお泊り

あそぼう会後に移動して、夏のお泊り親子遠足!

これがほんとのイモ洗い状態だ

お姉ちゃんといっしょににんじんのすりおろし(つまみ食いでなくなっちゃうキケンあり)

火起こし、煮炊きに活躍してくれたパパたち。火を囲んでの談話に花が咲いたそうです、いいなあ

スイカ割に、スイカの種とばし競争もしたよ。ヤマト、ダイちゃんのパパが一等賞、さすが

ご飯のあとは、お楽しみ、ママ有志(ナレーターミエコ)による『桃太郎』の出し物、
そして、クレイジーソルトをマイクに子どもたちの歌声が披露されました
ヤマトの朗々とした歌いっぷりにほれた!

興奮冷めやらぬ子どもたちをなんとか寝かしつけての、大人のお楽しみタイムも楽しくて、
長い一日になりました

(アサコ)


にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ←応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村