「ぺんぺんぐさ」は青葉台近隣の自然ゆたかな公園や里山を拠点に、週2~4日、1歳半から20人前後の子どもたちが、ゆったりたっぷり泥んこになって遊ぶ「青空保育」です。保育士4人を中心とした「預かり保育」に、お母さんも少しずつ交代で加わる安心感の中、四季折々を体と心いっぱい感じることで、子ども自らの力で育ちゆく「力」を発揮し、それぞれの個性を輝かせて、やさしくたくましく育ち合っています。

(年中長児も一部卒会せずに、週4回小さい子たちと合同活動・別活動おりまぜて、一緒に育ち合っています)

2020年4月5日日曜日

4月のあそぼう会についてお知らせです

ぺんぺんぐさの外遊び体験会、あそぼう会は、基本的に毎月第3木曜日に開催しています。

~あれはダメ、これはダメ、と言わなくても大丈夫。
同じくらいの子どもに刺激を受けて、自然に囲まれて、
自由にのびのびと、その子のペースを大切に遊ばせてあげれば、
心も体もぐんと育ちます。
遊べるようになれば、いろんな悩みごとも解決することが多いのです。
ひとりで子育てを抱えないで、おしゃべりも楽しみにいらっしゃいませんか。
どなたでも、どうぞ。生後8か月ごろから楽しめますよ~

これまで、8年間欠かさず開催してきました(台風などにより延期ということはありました)が、
3月は初めて開催をとりやめ、いつも来てくれるお顔、初めて参加してくださる方々にお会いすることができない月となりました。

4月は、23日木曜日に開催を予定しておりますが、コロナウイルス感染拡大防止のため、
横浜市の小学校の休校を継続している状況です。
時間を短縮して、お楽しみの焼き芋や、お弁当を食べながらのおしゃべり会など、
飲食を共にすることはないように開催、
もしくは、保育士ミエコとのオンライン子育て相談を開催しようか…
スタッフ一同、このような状況でぺんぺんぐさにできることを模索しています。

あそぼう会は、ぺんぺんぐさのオープンディではありますが、
地域でそれぞれ自然に親しんで子育てしたいと願うお父さんお母さんたちが
臨む情報を受け取ったり、交流できる場になれば、という思いがあります。
自粛して暮らす中でも、人とひとの地域のつながりが途絶えてしまうのは
とても残念ですし、この間にも孤独を感じている方が増えているのでは、と心配です。

どうぞみなさん、お家ですごして、そしてときどきお子さんと近所を散歩してみたり、
お日様の光を浴びて、身近な自然を感じてくださいね。



*青空保育ぺんぺんぐさの、外遊び体験会「あそぼう会」*

2020年 4月23日(木) 開催、もしくはオンライン開催を模索中です。

9:45〜2時間ほど

桜台公園、もしくは 

くろがね野外活動センターにて
☆室内もある場所で、やきいも体験します。…今回は、焼き芋はしません。

*少雨決行です
*基本的に、毎月第三木曜に開催しています。

あそぼう会には、
外遊びに興味がある方、
青空保育ってなに?という方、
これまで遊びに来ていただいた方も、
どなたでも遊びに来ていただけます。

*ぺんぺんぐさに関心のある方(入会を検討したい方)は、
 通常保育活動の体験もお受けしています。

*遊びに来て下さる方は、前日の午前中までにぺんぺんぐさにご連絡ください。
  集合場所など詳しくは、参加される方に前日までにお知らせします。
 (申し込みの際、保護者の方のお名前と、お子さんのお名前・月齢、お住まいの町名、当日連絡が取れる電話番号を教えてください)

    連絡先はこちら↓
    aoba.penpengusa@gmail.com

参加費として400円/回、保険代として100円/回いただいています(小銭をご用意ください)。
くろがね野外活動センターでの開催時は、横浜市外にお住いの方は施設使用料200円(お子さんも、おひとりにつき)をいただきます。

*途中早めのお昼にして、おしゃべり会もしますので、お弁当や飲み物をお持ちください。天候に合わせてお昼前にお帰りになっても大丈夫です。

*持ち物として、お弁当、飲み物の他に、帽子、着替え、替えの靴、雨カッパを用意されると、思い切り遊べます。…今回は、お弁当前に解散します。